YOSHINO'S 「i」 (ヨシノズ アイ)

皮膚能力回復センターPureRoseの代表吉野純子のブログです。 10年後も輝く素肌を創るためにスタッフと共に日々奮闘中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

心に残る思い出

吉野です。(^O^)/

春めいてまいりましたね。

新しい出会いと、ちょっとさみしい別れの季節でしょうか?




新しい春に、今日のブログは

先日、TVで放映されていたとっても素敵なお話です。


今年、閉校が決まっている

佐賀県玄海町の町立値賀(ちか)小学校。


その小学校の校長先生が、閉校式典で

在校生148人全員に向けて送ったプレゼント。


それは・・・。





校長先生がひとりひとりの思い出に残るものをプレゼントしたい

という願いをこめて作成した【手作りの切り絵】だったんです。



岩崎校長先生が赴任された3年前には

閉校が決まっていた値賀(ちか)小学校。




子供たちに

思い出に残るものをプレゼントしたい。





毎日、148人分の顔の切り絵をすこしづつ

作成されてこられたのだそう。



1人分の制作時間は約2時間。

6年生には、色をつけて制作するため

約3時間を要するのだとか・・・。



写真を見て作成するだけではなく、

一人ひとりの表情を思い出しながら作成をされ

納得いかないものは一から作り直しされてこられたんだそう。


すべてのきり絵が仕上がったのが閉校式典当日の朝、4時。

「何とか間に合いました~。」と満面の笑顔の校長先生。




一人ひとりの生徒さんの性格やしぐさを切り絵にこめて、

とても大切に生徒さん一人ひとりに愛情を持って

ご指導されてこられたんだな~。と思いました。









値賀(ちか)小学校の子供たちは、

母校がなくなってしまうけれども

何にも代えがたい「愛情」という贈り物を手に

新しい明日を迎えることができたのだと思います。

http://www.yomiuri.co.jp/kodomo/news/20150314-OYT8T50022.html





大切な人へ、明日を支える笑顔を

あなたから贈ってあげてくださいね。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。







↓↓「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ




エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif

| このブログについて | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoshinosi.blog81.fc2.com/tb.php/948-f02725e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。