YOSHINO'S 「i」 (ヨシノズ アイ)

皮膚能力回復センターPureRoseの代表吉野純子のブログです。 10年後も輝く素肌を創るためにスタッフと共に日々奮闘中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大切な人に思いをつたえられないあなたへ

吉野です。m(__)m

今日はひさしぶりに本のご紹介です。


「伝え屋 」荒川 祐二さんのご著書。




近くにあるものの大切さ。

毎日当たり前にあるもの。

そんなふうに思いこんでしまう日常に。


大事なものに、

大事なことに、


気づきをあたえてくれる一冊。



物語の始まりは、

まるで漫才を聞いているような・・・。楽しいお話です。

最後は、じーんとなって。

大事な人に「大切に思っていること。」を

すぐにでも伝えたくなります。



この本を読んで、

父の事、母の事。

思い出しました。



小さい頃、

自転車に乗れなくて公園で練習してたんですね。

なんども転んで、それでも乗れなくて。。。


いつも自転車の練習に付き合うのは父だったんですね。

何回転んでも、振り返るとほほ笑んで見てるだけ。

転んで、膝をすりむいて血が出て泣いても。

やっぱり振り返るとほほ笑んでみてる。

上手にできても、上手く出来なくてもほほ笑んでみてるんです。


ある日、やっと少し乗れるようになって

有頂天で乗ってたら、溝にはまって

顎まですりむくほどころんだんです。血だらけです。(笑)



父が走ってきて

さすがに「大丈夫?」と聞かれるのかと思ったら






この意味が小さい頃はわかりませんでした。

なんだか。。。

誉められてるのか?心配してくれたのか?


いまは、父に言われた事。

良く思いだして、「そうか」と思う事があって。。。



そんなときは、生前の父に、感謝の気持ちで一杯になります。

そして、なにもしてあげられなかったな~。と涙がでます。



大事な人は、いつも側にいるもの。

いつまでも元気でいてくれるもの。

そう思いがち。




だけど、いつだって時間は有限なんだと。

ほんとうに「今」を大事にしなければいけないんだと、

もう一度教えてくれる素敵な本でしたよ。

ぜひお読みくださいね。


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。








↓↓「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ




エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif

| おすすめ本・DVD・映像 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoshinosi.blog81.fc2.com/tb.php/904-d35ec394

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。