YOSHINO'S 「i」 (ヨシノズ アイ)

皮膚能力回復センターPureRoseの代表吉野純子のブログです。 10年後も輝く素肌を創るためにスタッフと共に日々奮闘中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分の中に奇跡を起こす!!

最近気温変化が激しいですね~。

ご体調崩されておられませんでしょうか?



さてさて今日は、とっても感動したお話について

書いてみたいと思います。


伝統の手すき和紙の世界に新風を吹き込んだ異色のアーティスト、

和紙デザイナー「堀木エリ子さん」をご存知でしょうか?


堀木さんは、2003年に

・ウーマン・オブ・ザ・イヤー賞
・女性起業家大賞

また、

「革新的技法で生み出す新しいスタイルの和紙造形で
日本の伝統産業を京都から世界へ発信」 

したとして、2011年の京都創造者大賞〈アート・文化部門〉を受賞、

その他にも、数々の素晴らしい経歴をお持ちです。




堀木さんは和紙をつくる現場で、氷のような冷たさの中、

手をパンパンにはらして作業する手漉き和紙の技法に感動し、


「この伝統を守りたい。

手漉き和紙という尊い技術をつなげていきたい。」




と思ったのだとか。

この想いから堀木さんの挑戦は始まりました。



現代アートと称される堀木さんの作品は、

まさに革新的な和紙。

燃える・汚れる・破れる・退色する・精度が無い

という難点を克服し、

まったく新しい、強く・美しく・神秘的な和紙を産みだし、

息をのむほど素晴らしい作品を創りだされています。




光によって、表情を変える和紙。
http://www.eriko-horiki.com/exhibition/world.htm



堀木さんの作品は、光や空気すら作品に引き寄せ、

情緒や情感に変えてしまうほど魅力的です。




こんな素晴らしい作品を創りだす堀木さんですら、

かつては、和紙200年の伝統を受け継ぐ和紙職人さん達から

「こんなものは和紙じゃない。」

と非難を受けたこともあるのだとか・・・。



堀木さんはこんなことをおっしゃっていました。



 



堀木さんは38歳の頃大病を患い、遺書を書かれた時、

「こんなにやることがあるのに死んでなんていられない。」

と思われたのだとか。

堀木さんは今も、2年ごとに新たな遺言状をつくりなおしているそうです。



「遺言状をつくり直すことで

自分の人生の指針を明確にすることができる。」


この言葉は、まさに命がけで生きているからこその

深い言葉だな~と思いました。


 

自分の心の中に、もう一度届けたいと思います。

今日も最後まで読んで下さってありがとうござました。



追伸 東京の方は、下記のイベントもあるそうですよ~。

「バカラと日本の出逢い」

会期 :2011年11月9日(水)~15日(火)
会場 :日本橋三越本店 1階中央ホール

ミラノサローネ2011 ユーロルーチェにて発表された
バカラとのコラボレーションによるライティング
「Soraコレクション」を展示します。

☆トークショー☆
11月12日(土)14:00~14:30
11月13日(日)14:00~14:30





↓↓「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ




エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif

| このブログについて | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoshinosi.blog81.fc2.com/tb.php/811-82ca42b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。