YOSHINO'S 「i」 (ヨシノズ アイ)

皮膚能力回復センターPureRoseの代表吉野純子のブログです。 10年後も輝く素肌を創るためにスタッフと共に日々奮闘中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「食べ過ぎによる冷えと老化の関係。」

吉野です。ヽ(^o^)丿

いや~。

先週は雨が多かったですね~。(^-^)

一雨ごとに夏に近づいてる~!!

という感じでしょうか?


さてさて、今日のブログは

「食べ過ぎによる冷えと老化の関係。」

について、書いてみたいと思います。



先日、お客様から


『最近、手足が冷えるのよ~。

なんだかニキビも出やすくて・・・。

暖かくなってきてるのになんでかな?』


とご相談をいただいたんですね。

いろいろお伺いさせていただくと。。。



どうやら原因は「食べ過ぎ。」だったかも???(+o+)

という事になりました。。。



飲み会が多くて、お食事がふだん召し上がるより

ずいぶん多くなっておられるとの事。

(しかもかなり夜遅く召し上がるのだとか・・・。)


夜食を取ると、老化や身体の冷えが進むかも??

なんですよ。ご存じでしたか?



入眠前に、お腹いっぱい食べてしまうと

消化するために、体はエネルギーを使いますよね~。


つまり。。。 胃や腸に血液を送るんです。

そうすると、本来おこなうべき身体全身の回復がうまく整わない。

なかなか末端(手先・足先)まで血液は行き届かなくなります。


結果、「足先がすごく冷えて・・・。」 なんてことになったり。。。

翌朝の身体のだるさやむくみにも

つながっちゃったりするんですね~。


この翌朝のだるさやむくみ・・・。

これには睡眠時に分泌される成長ホルモンが

とても深く関わっています。


成長ホルモンは、睡眠中にもっともよく分泌されます。

寝る前に食事をとると、血糖値の量の関係から

分泌量が減ってしまうということがあるんですよ~。



血糖値というのは血液中の糖分の濃度のことなのですが・・・。

この血糖値がある程度下がっている状態でないと、

睡眠中に成長ホルモンが十分に分泌されない

という仕組みになっているんです。。。



だから、寝る前に食事や甘いものをとってしまうと

血糖値が上昇して、

成長ホルモンがあまり分泌されないんです。。。


成長ホルモンは、

その名の通り成長するために必要なホルモン。

身長を伸ばしたり、育毛効果で有名ですが、

それだけではなく

アンチエイジング効果、若返り、美肌、老化防止、

肥満改善、長寿効果が期待できる最も強力なホルモンです!!



就寝まえの飲食は、入眠2~3時間前が理想的。


寝る前には出来るだけ血糖値を下げておくため

食べるのを止めておいた方がいいんですね~。ヽ(^o^)丿

お腹がすいて眠れない場合は、

同じ食事でも糖分よりもタンパク質を含む食品を!!

血糖値が上がりにくい食品を摂るようにしてくださいませ。


身体の回復がうまくいかないと、

肌荒れや体調不良につながっちゃう。。。



あなたのキレイをずっとずっと守るために!!

毎日ほんの少し身体を大事にしてあげてくださいませ。


今日も最後までお読みくださってありがとうございました。





↓↓「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ




エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif

| 美容について | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoshinosi.blog81.fc2.com/tb.php/774-91268194

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。