YOSHINO'S 「i」 (ヨシノズ アイ)

皮膚能力回復センターPureRoseの代表吉野純子のブログです。 10年後も輝く素肌を創るためにスタッフと共に日々奮闘中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人生を変える3つの習慣。

吉野です。^m^

今日は素敵なお話だな~。と思った記事のご紹介です。



致知1月号の中から

タラサ志摩ホテル&リゾートのエステ部門

エグゼクティブアドバイザー今野 華都子さんのお話です。


※今野 華都子さんは
2004年12月、LPGインターナショナルコンテストL6部門で、
日本最優秀賞受章された方。
世界110ヶ国の中で最優秀グランプリ(世界一位)を受賞した
フェイシャルの世界第一人者なんですよ。




さてさて、今回の記事は

「自分のしつけの方法について。」でした。


年齢が上がって、一目置かれるようになったとき。

人に与える影響が非常に高くなる時があります。


そうなったときの自分のしつけの方法について。のお話ですよ~。




難しいですよね~。




自分で自分の事ってわかりにくいですもの。



自分をどう「しつけ」ていくか?


ポイントは「まゆみ」だそうです。



「ま」=待つ。


「ゆ」=許す。


「み」=認める事。



上に立つ人に必要なこと。

「まゆみ」が絶対不可欠なんだそうですよ。



人の成長をどんな時にでも待つことのできる人。

人の成長をまるで自分のことのように喜ぶ事が出来る人。

人を心から受け入れ、失敗を恐れず育つように。。。

許し、信頼し、認めること。




こんな上司になりたいですよね。




だれだって、

小さい時のことを考えるとそうですものね~。



ハイハイから立ち上がり、歩くまで、

ゆっくり待ってくれた人がいたはずだし。

歩けたことをまるで自分のことのように喜んでくれた人がいて。

何度も繰り返した失敗を許し、

個人の価値を認めてくれた人がいたはずですもの。




人は待たれ、許され、認められた

感謝の想いを忘れてしまう時があります。



はじめから歩ける子供はいないんだから、

何度も転んで立つことを覚えたんだから。


大人になってそんなこと

ちゃんともう一度思い出せたら素敵ですよね~。



私も自分のしつけをちゃんと出来るように、いくつになっても

「待つ・許す・認める。」が出来る人になりたいと思います。



あなたの目指したい人はどんな人ですか?


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。





↓↓「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ




エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif

| 日々つれづれ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoshinosi.blog81.fc2.com/tb.php/714-ee40f67e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。