YOSHINO'S 「i」 (ヨシノズ アイ)

皮膚能力回復センターPureRoseの代表吉野純子のブログです。 10年後も輝く素肌を創るためにスタッフと共に日々奮闘中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「四十九日のレシピ」

吉野です。(^-^)

お天気が不安定な時期は、体のだるさがでやすいですよね~。

ご体調崩されませんように、どうぞご自愛くださいませ。


さてさて、今日はとても感動した本のご紹介です。


「四十九日のレシピ」






最愛の家族、妻を最後に見た姿が、

ふだん日常に起こりがちな

嫌な言葉をかけた時だったとしたら。。。



自分の為に作ってくれたお弁当。

そこには大好物のコロッケがはいっていたのに。

うっかりお弁当からソースがにじんでしまっていたために

手が汚れるとどなって、

せっかく作ってくれたお弁当を断わってでかけてしまう。。。




あの時、なぜどなってしまったのか?と思いだす度

後悔ばかりで「生きる」ということができなくなった

夫の良平さんの回想シーンがとても辛くて苦しい。



その妻の乙美さんが、最愛の家族に向けて。

もし、自分がいなくなっても

愛する人たちが再生していけるようにと

願って作られたレシピのお話なんですね。


ばらばらになった心のパズルをつなぐように、

展開されていくお話に夢中になって読んだ一冊です。


失った命を想うとき、

人は後悔せずにはいられないのではないでしょうか?


あの時、もっと優しい言葉をかけてあげればよかった。

あの時、もっと話をきいてあげればよかった。

あの時、あんなこといわなければよかった。



こんな想いを抱くのは、

大切な人を幸せにしたいという想いを

一緒にいられる限られた時間にすべて叶えることは、

出来ないからかもしれません。



この本には、家族のあり方。

それぞれの生き方。が書かれていて。



本当に幸せをみつけるために大切な事は何かという事。

ないものをもとめるのではなくて、

いまあるものを精一杯愛して、慈しむことなんだと教えてくれる

そんな素敵な本でした。




人は人の言葉で傷つく事もあれば、

人の言葉で生かされることもあるのだと思います。




誰の人生だって限られた時間。

その限られた時間に残せるものが、

人の心を癒せたり。

人を幸せに出来たり。



形あるものだけじゃなく、

もっと深くて大きいものだったらいいな~。

そして、形はなくてもずっとずっと

誰かの心に生き続ける事ができたらすてきだな~

と思いました。


深い深い愛情のストーリーをあなたの心へ。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。


 



↓↓「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ





エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif

| おすすめ本・DVD・映像 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoshinosi.blog81.fc2.com/tb.php/536-b03f5e4a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。