YOSHINO'S 「i」 (ヨシノズ アイ)

皮膚能力回復センターPureRoseの代表吉野純子のブログです。 10年後も輝く素肌を創るためにスタッフと共に日々奮闘中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

喜多川先生の新刊 「上京物語」

吉野です。(*^_^*)


今日は髪の根元の色がきになってカラーにいってきました。(●^o^●)

いつも担当して下さる方だったので、安心しておまかせでどっぷり一時間読書。

おかげさまで有意義な時間になりました。

いつも素敵に仕上げてくださってありがとうございます。Nさん。(*^_^*)




さて今日のおすすめの一冊。

「上京物語。」喜多川先生の新刊です。




今回の本は、喜多川先生があとがきの中で、

「今までの作品で書かなかった事を書かなければならなくなった。」

と書いておられるように。


かなりストレートに今の社会の「常識」ということに対して、

挑戦された作品のようです。




学歴、職歴、収入などを幸せを量る基準とするではなく。

他者との比較で生まれる幸せをもとめるのではなく。

何かに依存することなく。


「自分の幸せの基準を見出し」


本当に必要なことに目を向けて生きていって欲しい。

という熱い想いが込められた作品だったように思います。



この本は、父から息子に上京する際に想いを込めて贈った

自作の本という設定で物語が始まります。



普段は無口で温厚な父親が、息子の将来のために想いをつづった一冊。

その中には、大切な人に向けて書かれたメッツセージが詰まっています。


「人生を動かす行動の基準。」

「破るべき常識の殻は5つ。」


物語の父は

「大切なのは予想どおりの良い結果を手に入れることじゃない。

挑戦する勇気を持ち続けることだ。」


「自分がお金を払ってでもやりたいことを続けるからこそ、

本当にやりたいことが見つかるということにかわりはない。」など



本当に必要なことを息子に伝えようとする。そんな素敵なお話です。


素直な心で読んでほしい。

ほんとに理解できた時、生き方が変わる。

そう思えた本でした。


もうすぐ大好きなお客様に喜多川先生にお会いただけると思うとうれしいです。

きっと心に響く素晴らしい時間になることと思います。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。


20090223.gif



↑「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪



エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif


| おすすめ本・DVD・映像 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoshinosi.blog81.fc2.com/tb.php/37-426291be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。