YOSHINO'S 「i」 (ヨシノズ アイ)

皮膚能力回復センターPureRoseの代表吉野純子のブログです。 10年後も輝く素肌を創るためにスタッフと共に日々奮闘中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

采女神社の「采女祭」

吉野です。(^-^)

今日は、「采女祭(うねめまつり)」のお話。


10月2日、3日と奈良市の采女神社で行われるそうですよ~。

http://narashikanko.jp/j/ivnt/ivnt_data/ivnt105/


奈良のちびママさんに教えていただきました。

釆女物語というものから、この「采女祭」はつくられたそうなんですが・・・。


「采女祭」は、采女(後宮の女官)の霊を慰めるための祭りなんですね。

昔大変美しかった采女は、奈良の帝に寵愛を受けていました。

ところが、いつしか帝は心変わりをしてしまい、

采女は嘆いて、猿沢池に身を投げて自らの命を絶ったというお話。


采女は、安積(あさか)の里(現在の福島県郡山市)出身でもあったようで、

奈良とは采女伝説を縁に姉妹都市でもある郡山市には、別の采女伝説があります。


奈良時代、帝の寵愛をうけ、やむなく采女となった春姫。

この時、春姫には大好きな人がいて、引き裂かれてしまいます。

後に、大好きな人の死を悼み、身を投げた春姫の物語。。。


※采女(うねめ)とは、日本の朝廷において天皇や皇后に近侍し、
食事など身の回りの雑事を専門に行う女官のこと。



面白話=================================

ところで、采女神社は鳥居を背にしてお社が建っている

珍しい神社なんだそうですよ。

もちろんそれが建てられた時は、ちゃんと鳥居の向こうにお社があったのだとか。

ところがある日、この池に身を投げた采女の霊が現れて、

わが身を投げた池を毎日見るのは忍びないと、

一夜にして後ろ向きになったという伝説が残されているんですって。

http://www.7kamado.net/uneme.html
====================================


知らなかった~。

知らない事ってほんとにいっぱいありますね~。(@_@;)


秋まつりといえば、収獲祭のイメージだったんですが・・・。

いろんな祭事の意味を知って、お祭りを楽しむと

もっといろんな楽しみ方が膨らむのかな~。と思った吉野でした。(^-^)


お祭といえば・・・。

お祭りの時にでる夜店。いつもなんだかワクワクします。

子供に戻って楽しむ時間も大切ですよね~。

大好きな地元のお祭りの事、また教えて下さいませ。

奈良のちびママさん(^v^)いつもほんとにありがとうございます。



今日も最後まで読んでくださってありがとうございました~。






↓↓「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ





エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif

| 日々つれづれ | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは^^;

ありゃ~、采女祭って知りませんでしたー。
っていうか、ふりがなふってくれて、ありがとさんです。
こういうお話しがあったんですね。


>子供に戻って楽しむ時間も大切ですよね~
・・・同感っす、子供ってなんであんなにハッピー
なんだろうって思う時あります^^;

| tolliano | 2009/10/02 00:21 | URL | ≫ EDIT

トリアーノ様、コメントありがとうございました~。

いつも素敵なお写真楽しみにしております。

ブログ読んでくださって感激です。

いつもほんとにありがとうございます。(^-^)

| ヨシノ | 2009/10/02 09:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoshinosi.blog81.fc2.com/tb.php/267-77739ab2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。