YOSHINO'S 「i」 (ヨシノズ アイ)

皮膚能力回復センターPureRoseの代表吉野純子のブログです。 10年後も輝く素肌を創るためにスタッフと共に日々奮闘中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「心で感じる物の価値」

吉野です。(^-^)

今日はこんな嬉しいメールを頂きました編。ヽ(^。^)ノ



先日の、植松さんのDVDの事を書いたブログをお読みいただいて

下記のようなメールいただきました。



=====================================

植松さんの下記の一文が素敵でした(*^_^*)


欲しいものに出合った時

『これ、いくらするのかな』と思っちゃいけないよ。」

『これどういう仕組みになっているのかな。これ、どうやってつくってあるのかな』

と思っていれば、いつか自分でつくれるようになるんだよ。」



先日、8歳の娘のお誕生日に、

数人のお友達が一生懸命つくってくれた折り紙のリースに

心のこもったお手紙をもらって帰ってきました。

みんなそれぞれおうちで作ってきてくれたようで、

こちらまで温かい気持ちになりました。



植松さんの記事を拝見して、

『これどういう仕組みになっているのかな。これ、どうやってつくってあるのかな』

と考えることができるキラキラの子供達が増えれば、

もっともっと温かい社会になる!

本当にそう思います(*^_^*)

=======================================


手作りのプレゼントや手書きの手紙。

お金で買えない価値がありますよね~。ヽ(^。^)ノ

作ってくれた人の大切な心と時間をいただくんですものね~。


いくら高価なものを買っても、しばらく時間が経てば、

その物に対しての気持ちが薄れるのはなぜでしょうか?

そのものに思い入れが入る出来事がなければ、

物は物でしかないのかもしれません。


物の価値はそのもの自体が決めるのではなく、

やはり心が決めるんだと思うんです。



うちの息子は、保育園のときに使っていた

もう、ぼろぼろの靴入れをとても大切にしていて。。。

引出しの一番上の見える所に入れています。

この靴入れは私の母が元気だった頃、息子に作ってくれたものです。



足も大きくなって、もう靴入れの役割を果たせなくなったこの袋を

とても大切にしてくれる息子は

「心で感じる物の価値」をわかってくれているのかな?

と思うと、とても愛おしく思えたります。


贈ってくれた方の気持ちを大切に考えて、

ワクワクする豊かな心を持って。

創造する力を楽しむキラキラの子供が増えたら

ほんとに嬉しいな~と思った吉野でした。(^-^)



今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。






↓↓「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ





エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif

| このブログについて | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoshinosi.blog81.fc2.com/tb.php/264-48878e85

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。