YOSHINO'S 「i」 (ヨシノズ アイ)

皮膚能力回復センターPureRoseの代表吉野純子のブログです。 10年後も輝く素肌を創るためにスタッフと共に日々奮闘中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大切なのは、諦めない事

吉野です。ヽ(^。^)ノ

この間まで、何だ~この寒さは~。と思っておりましたのに・・・

おっ~夏みたいなポカポカ陽気ですね~。

みたいな日もあって体がびっくりしています。(@_@;)


いかがお過ごしでしょうか?ご体調崩されませんように・・・。




さて、今日は

「どんなに困難な状況でも、あきらめなければ夢は叶う」

ということを証明してくれた方のお話をブログに書きたいと思います。


実は吉野、こんな素敵な女性を目指したいと思っているんですね~。(^◇^)



=============================

11年がかりで叶えた夢、ANA女性パイロット第一号誕生!!


「大切なのは、諦めない事ですね。

何をするにせよ、本人が「もうダメだ」と思った時点で終わりなんです。」


と語った方。

==============================



免許の取得資金1000万円以上を自力で捻出し、25歳で単身渡米。

女性という性別のハンディキャップを乗り越え、幾多の苦難を乗り越え、

37歳で夢をかなえた女性。


女性初のパイロットになった方 「小林郁子さん」 の言葉です。
 



「もしも、操縦している時、トイレに行きたくなったら、どうします?」

この質問は不況の嵐の中、求人が激減している時代に、

やっとたどりついた面接で、小林さんが面接官から受けた質問です。



男性な携帯トイレで機内でも用を足すことができる。

女性の場合はそんな訳にはいきません。

目の前に立ちはだかる女性特有のハンディキャッップ。

努力では埋めることのできない壁。



こんなことがあっても、

あきらめても当然の夢を手放すことをしなかった小林さんはすごいです。(@_@;)


============================

2004年の2月、神様がほほ笑んだANAの面接

35歳の小林さんは11年間の熱い想いを語るのです。



友達に小型飛行機に乗せてもらってパイロットになると決めたこと。

アルバイトで昼夜を問わず働いて資金をためて4回も渡米し、

アメリカと日本、両方で免許を取ったこと。

絶対にパイロットになるんだと何度も自分を叱咤激励してここまできたこと。

==============================


そして、そして2006年4月幾多の厳しい訓練を乗り越え、

ついにパイロットの夢を叶えた小林さん。



2006年5月7日

小林さんの初フライトは、天が祝福してくれていたかのような快晴だったそうです。



「夢をかなえるためには、信じて行動しつづけること。」


女性だからという理由に甘えない。

何かの言い訳をつけて夢をあきらめない。



小林さんはパイロットになった後、こんな風にお話されています。

「自分が優秀なパイロットになることで、

将来多くの女性がパイロットの世界に進出することになる。」




後世のために、夢をつなぐ。こんな生き方すごいです。(@_@;)



こちらもぜひ読まれて見て下さいませ。

http://ameblo.jp/chichi-meigen/entry-10122008629.html


20090504.gif




↑「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪



エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif

| 幸せになるヒント | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoshinosi.blog81.fc2.com/tb.php/107-efcbdbec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。