YOSHINO'S 「i」 (ヨシノズ アイ)

皮膚能力回復センターPureRoseの代表吉野純子のブログです。 10年後も輝く素肌を創るためにスタッフと共に日々奮闘中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桜を愛する日本の心

吉野です。ヽ(^。^)ノ


いよいよ桜も葉桜になって初夏を感じさせる季節になってまいりました~。(>_<)

お変わりございませんか?



いっちゃんから「桜守」という言葉を教えてもらいました~。

なので、今日は「桜守」について書いてみたいと思います。ヽ(^。^)ノ



私、キレイな桜を咲かすためにず~と桜の「保育」が必要なんて知りませんでした~。(@_@;)


=======================

たった5日の美しい花を咲かせるために・・・。

残り360日、誰も見向きもしない桜を守る。

=======================



桜は野生種もあるらしいのですが、

基本的には「保育」しなければ、健康に育たない事が多いらしいのです。



このお話すてきですよ~。(>_<)

http://www.diners.co.jp/cyber_station_2006/winter3/tabibiyori/special/index.html



人々と共に生きる誇り高き名木を、人知れず育てる「桜守」

桜守の魂が入るからこそ桜はあれほど、咲く時も散る時も美しいのでしょうか?



女性の人生に見立ててこよなく桜を愛する「桜守」


==================================

一分・二分咲きを「ほころびかける。」

五分咲きを「笑いかける。」

笑いかけの桜はまるで子供のよう。

満開の桜は、華やかな娘のよう。

しわくちゃの幹には風格がただよい、わずかに残った枝に咲く花は色香を感じる。

===================================


「相手を思いやる心を桜から学ぶ」のだそうです。



強く。切なく。美しく。

老いて尚気高く、美しい姥桜。(うばざくら)



こよなく愛してもらった桜ほど美しく咲き誇るのでしょうか?



来年は、「自分を振り返る手立て」として桜を愛でに行きたいと思いました。ヽ(^。^)ノ

桜を愛する日本の心、素敵です。(^◇^)





20090429.gif




↑「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪



エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif

| 日々つれづれ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoshinosi.blog81.fc2.com/tb.php/103-cfe4afc2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。