YOSHINO'S 「i」 (ヨシノズ アイ)

皮膚能力回復センターPureRoseの代表吉野純子のブログです。 10年後も輝く素肌を創るためにスタッフと共に日々奮闘中。

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美しい人。

吉野です。(^O^)/

お正月明けのブログは、今日は憧れの人。の巻。


女性の美しさは永遠なんだと思わせてくれる

82歳の現役スーパーモデル、カルメン・デロリフィチェさん。





いや~。美しい~。(●^o^●)






自分の生き方に丁寧に丁寧に向き合って行くと

こんなふうに美しく年月を重ねることができるのでしょうか?



カルメン・デロリフィチェさんのご両親は

イタリアおよびハンガリーから米国に移住した移民で、

別居を繰り返したため、孤児院で多くを過ごしたのだそう。

けして恵まれた環境で育ったわけではないんですね。。。




15歳でモデルとなってからも、バス代を節約するため

ローラースケートで移動するほど貧しさは変わらなかったのだそう・・・。




英紙『デイリー・メール』が毎週日曜日に発行している

『YOU』誌の6月9日号のインタビュー記事では、




「私はモデルとして、ひとつの決まったアイデンティティーは持ちませんでした。

おとなしいカメレオンのような女優でした。

私は常に変化する存在でした。
目立った個性はなく、孤独で地味な性格で、

決して雑誌の表紙には向いていませんでした。

雑誌の表紙に登場する機会が多くなったのは、15年前からでした」






『けして恵まれていたわけではない。』




82歳になったとき。

こんなふうに生きていけたら素晴らしい。


女性の美しさのピークは

自分の生き方がきめるのかもしれません。





おまけ。(^O^)/

先日、仲の良い友人達との会話。



==================================


「年齢を重ねるとモテる。の定義が変わる。」



若い時は奇麗、かっこいいなど

外見の部分が大きく左右する場合があるけど。。。

年齢を重ねた「モテる。」は、全然ちがう。

「なにかを持ってる。」ことが大事。

それはブランドものを持ってる。とか、

お金を持ってるとかではなく。

内に秘めた何かだったり。経験値だったり。

なにか生き方が容姿にあらわれる持ってることが大事。

そんな人は、女性にも男性にももてる。



たとえばココシャネルは、「女性の体を自由にする。」

という明確なロジックからコルセットをはずし、

ショートカットをし、女性のためのファッションをつくったでしょ。

片手で塗れるリップステックだって、

手が自由になるショルダーバックだって、

ひざ丈のスカートだってみーんなシャネルが最初。

当時はぎゅうぎゅう詰めコルセットに、

ロングヘアにロングスカート。

家でしか塗れない練り状リップだったんですもの。

シャネルさんすごい!!

みんなで、50歳むかえたときオーラを放つ輝く生き方しなくちゃね~。

==================================



こんなこと話す人、素敵ですよね~。(●^o^●)


あなたの未来を輝かせてくださいね。

あなたの笑顔で幸せになる人が一杯います!

どうぞ素晴らしい1年をお過ごしください。(^O^)/


今日も最後までお読みくださってありがとうございました。







↓↓「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ




エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif
スポンサーサイト

| 幸せになるヒント | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。